JINS MEME VTUNERを使ってみた話[VRMのインポート]

 ということで今日12/1に、JINSからVRM形式のモデル用のトラッキングアプリVtunerがリリースされました。



 早速使ってみた感想と、ちょっとわかりづらかった気がしなくもなかったので背景と自作モデルのインポート方法です。

①背景の変更
 デフォルトではカメラの入力が背景になっていますが、まあ皆さん変えると思うのでその方法です。

 画像のようににやっていけば大丈夫ですが、”メニュー”から?マークの隣の写真っぽいマークを選択することで変更できます。
InkediOS の画像 (1)_LI
画像内の赤矢印のところです。
iOS の画像 (2)
 自分はいつもクロマキーをマゼンタでやっているのでそのように設定しましたが、それ以外にも大体のクロマキーに使いそうな色が用意されています。そのほかにも自分で用意した画像なども表示できるそうです。

②自作モデルのインポート
 デフォルトでもイメージキャラクターのモデルが入っていますが、まあ皆さん自分のモデルで使うと思うのでその方法です。アプリ内でも簡易的に作成できるそうです。

 iPhoneとWindowsでの設定方法です。基本的にはTDPTとかWaidayoとかと同じような感じなので、慣れている人は簡単だと思います。準備として、PCにiTunesを入れて、サインインして、lightningケーブルでiPhoneとPCを接続しておいてください。

 下の画像のようにiPhoneのファイルなどをいじれるような画面に入り、"ファイル共有"から"App"内の"VTUNER"を選択し、そこに".vrm"ファイルを入れます。画像はアプリ側でインポートした後のものなので、最初は何も考えずに.vrmファイルを何もないところに入れてください。
スクリーンショット 2021-12-01 114417

 これが終わったらあとはアプリ側で、画像を変更したときのボタンの、二つ右のボタンから"Import CRM"から自分のモデルを選択し、"Import"を押せば自分のモデルが使えるようになります。
iOS の画像 (3)
iOS の画像 (4)

 ということでここまで終わると自分のモデルを動かせるようになります。
 ちなみにモデルの位置と大きさは2本指で、カメラの向きが1本指で変えられます。
 使用感としては、やはり視線のトラッキングはうまくできていると思います。フェイストラッキングというよりは、姿勢と目線のトラッキングみたいな感じです。ここはJINS MEMEだからといえるかもしれません。

 ツイートに乗せた動画はiPhoneの録画機能で撮ったものですが、パソコンでキャプチャしたときにどうなるかなどは追々確かめていこうと思います。
 こんなところで取り急ぎまとめてみました。

2021年11月度【最新】マイニング収支

 ということで11月も終わったので今月の収支です。なんか最近BTCが下がっているので調子悪いですね~
 使っているグラボは↓の4つです。
  • Palit JetStream風 GTX1080Ti
  • ZOTAC GTX1080
  • ASUS 3060Ti Dual mini (LHR)
  • GALAKURO RTX3060
です。

 まあまずは今月導入した3060Ti LHRの話です。経緯は↓のブログに載せておきますが、初めてLHRのグラボを買いました。

 分かっていて買ったとはいえ効率はあまりよくありません。家では基本KAWAPOWで掘っていますが、安定性がないような気がします。KAWAPOWはETHではないのでLHRはかからないはずですが、なんだかよく止まっているような気がします。

 まあそんなこんなで今月の収支です。11/5ぐらいから3060Tiを入れていますが、windowsアップデートが勝手にかかっていたりしてたびたび止まっていました。
スクリーンショット 2021-11-30 172849
 思ったより採掘量が増えていないなというのが感想です。最近ミドル~ハイエンドのグラボの効率が落ちている気がするので見守っていきたいと思っています。

 ということで、来月も回していこうと思います。自分はNiceHashMinerを使っているのですが、何となく来月はQuickMinerを使ってみようかな~と思います。

マイニング全グラボおすすめランキング2021年12月 【最新版】

ということで今月もやっていきますが、先月とほぼほぼ変わらないです。っていう文章も変わらないです。

①電気代を引いた採掘量
第1位 RTX3090
第2位 RTX3080Ti LHR

第3位 RTX3080 LHR
 先月と一緒です。まあ新しいハイエンドのグラボは発売されていないので当然ですね...
スクリーンショット 2021-11-30 161929


②購入金額の回収期間
第1位 RTX3060 LHR
第2位 RTX2060

第3位 GTX1660Ti

 全体的にハイエンド寄りのボードの採掘量が下がっているので低エンドの採掘量が相対的に増えている気がします。
スクリーンショット 2021-11-30 162519


③消費電力当たりの採掘量
第1位 RX6600XT

第2位 GTX1660Ti
第3位 RTX1660SUPER


 先ほどと同じようにミドル~ハイエンドのグラボの採掘効率が下がっているため、ローエンドグラボの調子がいいです。RX6600XTは最近はまあまあ見かけるようになりましたね~
スクリーンショット 2021-11-30 171804


 てなわけで以上です。よかったらカテゴリからほかの記事も読んでみてください。


ドスパラで3060Ti無印を買ったらLHRが送られてきた話

 タイトルまんまなのです。ドスパラでLHRと書いてない3060Tiを買ったら、何事もないようにLHRの3060Tiが送られてきました。

 まあ自分もLHRが送られてくる気がしていて買ったので詐欺だとかいうつもりはありませんが、不親切だなぁとは思います。

 まず該当商品です。記事を書いたタイミングの話ではありますが、自分の買った"ASUS DUAL-RTX3060Ti-O8G-MINI-V2"だけ"LHR版"という記述がありません。
キャプチャ

 まあこれは表記忘れでしょうきっと。

 次は商品ページにLHRであることの注意書きがありません。
 通常は画像のように注意書きが書いてあるのですが、
2
 今回買った商品のページには書いてありません。
3
 まあここまでくるとページを設定した人が本当に勘違いしている説が浮上します。

 ただ、商品写真の外箱にはLHRと書いてあるのです。
 下の写真が商品紹介のページにある外箱の写真ですが、しっかり右上にLHRと書いてあります。
4
 実際に届いた商品の箱にもLHRと書いてありました。


 まあこれが故意ということは流石にないと思っていますが、詳しい人ではないと間違えて買ってしまうと思います。
 自分はV2のチップから全部LHRになって居おると聞いたことがあったので分かっていて買いましたが、詳しくない人や最近興味を持った人などは知らないと思いますし、商品画像を隅々まで見る人も少ないと思います。
 こういう点からこの商品に関して不親切だとは思っています。

 ということで、買おうと思っている人は気を付けてくださいねっていう話でした。最悪、LHRを軽減する方法はありますし、LHRはETH以外に対しては効果がないのでマイニングもできますよ~

2021年10月度 マイニング収支 GTX1080Ti GTX1080 RTX3060

 ということで10月も終わったので今月の収支です。なんかBTC上がりましたね? ということで最近はいい感じです。やっと涼しくなってきましたしね~

 最近のマイニングの様子は↓の感じです。
スクリーンショット 2021-10-31 233147

 こんな感じで1カ月掘っていたら4mBTCにギリギリ届きました。これまでの履歴と合わせると↓の感じです。今月は可もなく不可もなくっていう感じです。
スクリーンショット 2021-10-31 233925
 なんかだんだん採掘量が下がっていっている気がしますが、BTCの値段が上がると採掘量が下がってしまうのでしょうがないです。ちなみに自分がいくら機材購入に充て、いくら収益を得たかをメモしているのですが、それは↓の感じになっています。
スクリーンショット 2021-10-31 234541
 今月でやっとプラスになった感じですね。まあBTCが貯まると新しいグラボを買っていたのでしょうがないです。ということでこれからもブン回していきます。

 そういえばアップデート来てますね。そのうち上げようと思います。

マイニング全グラボおすすめランキング2021年11月

ということで今月もやっていきますが、先月とほぼほぼ変わらないです。

①電気代を引いた採掘量
第1位 RTX3090
第2位 RTX3080Ti LHR

第3位 RTX3080 LHR
 先月と一緒です。まあ新しいハイエンドのグラボは発売されていないので当然ですね...
スクリーンショット 2021-10-31 230741

②購入金額の回収期間
第1位 GTX1650
第2位 RTX3060 LHR

第3位 RTX3060Ti LHR

 ここも先月の1位と3位が入れ替わっただけです。まあ最新のローエンド~ミドルエンドがコスパがいいということでしょう。次の項の話にもなりますが、これらのグラボは消費電力も低めで良いと思います。
スクリーンショット 2021-10-31 230741

③消費電力当たりの採掘量
第1位 QUADRO RTX4000

第2位 RTX3090
第3位 RTX3070 LHR


 やっとツクモでQuadroを売っているのを見つけました! ということでこんな感じです。調子がいいのかRTX3090がランクインしてきましたね。
スクリーンショット 2021-10-31 232219

 てなわけで以上です。よかったらカテゴリからほかの記事も読んでみてください。

GTX1080のオーバークロック設定


GTX1080TiとGTX1650のオーバークロック設定


GTX1080TiとRTX3060のオーバークロック設定

#Fusion360押し出しコンペ4 で入賞した話

ということで、みなさんご存じかわかりませんがfusion360押し出しコンペ4というものがありました。
 まあ、読んで字の如く、Fusion360というCADの"押し出し"というコマンドのみで作ったもののコンペです。使ったことある人はわかると思いますが、すごくキツイです。"回転"コマンドや"フィレット"などが使えないので、丸い物や角を滑らかにすることもメンドクサイデス。

 というコンペに全部で56作品(多分)出展されていたのですが、私はその中の12作品を作りました。
ご迷惑をおかけした関係者の方々には頭が上がらないとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

 まあ、前置きはここら辺にしておきます。自分は12作品中1作品で佳作をもらうことができ、景品としてChromecastをもらうことができました。ということでその作品から。

 この作品で佳作がもらえました。自分の作品の投稿順では1番目で作成順では2番目ですね。
 多分3時間ぐらいで作りました。

 ということで語ることも特にないのでこれからは全作品を列挙していきます。何か聞きたいこととかありましたらコメントに書いてください。気づき次第反映します。













ということで以上が全作品になります。周りの人の評価では"折り鶴"と受賞させていただいた"ビー玉"が好評でしたが、自分としては"万華鏡"もお気に入りです。万華鏡これほんとに鏡で反射させてるんですよ? すごくないですか? あと、"寄木細工"もいいと思っていて、このネタも折り紙同様、何作品か出そうと思ったのですが重すぎてやめました。

 Fusionではこれまで3Dプリンターのデータを作るぐらいで、レンダリングはおろかマテリアルすら真面目に使ったことがありませんでした。そのため、このコンペを通じてレンダリングとかの練習ができてよかったです。鏡とか透明オブジェクトとか光源とかは使い方でもっといい作品ができる気がするので、これからも勉強していきたいです。

 ということでほかの受賞作とかはmeetupで見てください。自分は作品紹介の前半部分までは生で見ていたのですが、「またこいつかよ」みたいな雰囲気が良かったです。今回は21%ぐらいを自分の作品で埋めたのですが、来年は30%を自分の作品で埋めつつもっと上の賞をとれるように頑張りたいです。

↓meetupのアーカイブ 2:02:50あたりから受賞作の発表です。(自分がトップバッターでした。)

2021年9月度 マイニング収支 GTX1080Ti GTX1080 RTX3060

 ということで9月も終わりなので今月の収支です。中国のせいでBTCが下がるわ、LHRしか売ってないわ、マイニングの難易度が多分上がってるわで採掘量減ってます。まあ許しますが。

 ということで今月は採掘量が減っています。結果下のような感じになっています。
スクリーンショット 2021-09-30 233256

 GTX1080を入れたのにGTX1080TiとRTX3060しか使っていなかった時とあまり変わりません。
 まあ、採掘効率は良く変わるので気長に行きましょう。

 OCの設定なども記事にしているのでよかったら見ていってください。

GTX1080のオーバークロック設定


GTX1080TiとGTX1650のオーバークロック設定


GTX1080TiとRTX3060のオーバークロック設定


 それではまた今度~

マイニング全グラボおすすめランキング2021年10月

 ということで今月も始まりました。またツクモとドスパラとドスパラ中古で売っているすべてのグラボの中から、マイニングで使えるおすすめのグラボを紹介します。レギュレーションなどは前回↓を見てください。


 まず前回と変わった2点についてです。
 1点目としてはLHR以外のグラボのなさです。なぜかドスパラでもツクモでもLHR以外の型番がほぼ存在しません。
 2点目としては、マイニング効率の低下です。BTCが多少下がったこともあり採掘量が全体的に先月よりも落ちています。文句は中国に行ってください。

 ということで早速始めていきたいと思います
①電気代を引いた採掘量
第1位 RTX3090
第2位 RTX3080Ti LHR

第3位 RTX3080 LHR
 基本的に売っているグラボしか入れないのでLHRが続きます。よってRTX3080Tiのエントリーです。このランキングは性能純なので語ることがありませんね。AMDよりNVIDIAのほうがマイニングには向いています。
スクリーンショット 2021-09-30 224718


②購入金額の回収期間
第1位 RTX3060Ti LHR

第2位 RTX3060 LHR
第3位 GTX1650

 LHRしか売っていないのでこうなります。中古でもいいならGTX1060やRTX3060のLHRではないモデルを買ったほうがいいです。
スクリーンショット 2021-09-30 225428


③消費電力当たりの採掘量
第1位 GTX1660Ti
第2位 RTX3070 LHR

第3位 GTX3060Ti LHR

 LHR祭りですが、傾向は先月と一緒です。最新のローエンド~ミドルエンドですね。手に入ればRXX6600XTやTesla A100の効率は高いです。見かけませんが。
スクリーンショット 2021-09-30 230306


 ということで以上です。多分これからもLHR祭りになるので中古も見てみるといいかもしれません。

 マイニング及びこのブログによって生じた一切の損失に対し私は一切の責任を取りませんので悪しからず~

GTX1080のオーバークロック設定


GTX1080TiとGTX1650のオーバークロック設定


GTX1080TiとRTX3060のオーバークロック設定

ゲーミング割り箸の勧め

 ということでゲーミング割り箸です。散々使われたネタですが、実際意味があったので記事にします。

 というのも、ここ最近急にグラボが認識しなくなる事件が多発しており、ゲーミング割り箸をしたら改善したからです。

 私は以前、上の写真のようにパソコンを横向きに倒して使っていました。
iOS の画像 (2)


 しかし、以前記事にした通り、ドスパラで大量に売っていたGTX1080を買いました。

 この影響で以前からの置き方ができなくなり、ダイソーで買ってきたメタルラックとともにパソコン本体も縦置きになっていました。(ついでに電源も同じものが二つに増えました)
iOS の画像
見えてるのは上から1050W電源,1080,3060

 しばらくはこれで問題なかったのですが、しばらくするとマザボに刺さっている1080が急に認識しなくなり、パソコンがフリーズしてしまうようになりました。
 最初は調子が悪いのかなくらいにしか思ってなかったのですが、あまりにも続くので原因究明をすることにしました。何回か再起動したり抜き差ししたりしたのですが、一向に動作が安定することはありませんでした。

 そこで、何年か前にも同じような状態になったことを思い出し、その時はGTX1080Tiの重さにマザボが耐え切れずに接触不良を起こしていました。
 その時はゲーミング割り箸をしたら治ったので今回もそうしたところ、動作が安定しました。
iOS の画像 (1)
割り箸の下のスポンジは防振スポンジ? みたいなやつ

 まあそんなところで2連ファン以上のグラボには割り箸を立てようという回でした。
 ちなみにamazonとかでは下のようにかっこいい割り箸が売っているので、ゲーミングPCにはそちらがおすすめです。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード