こどもの日なのでステイホームでこいのぼり上げてみた

 今年のゴールデンウィークもステイホームらしいので家の中でこいのぼりを上げてみました。



 メタ的なことを言うとArduinoでサーボモーターとテープLEDを光らせています。

憲法記念日なので憲法をかっこよく表示した話。

 今日は憲法記念日なので憲法をかっこよく表示しました。

 使っているコードは前の記事(https://www.chisatofu.com/archives/26990736.html)の物です。
 変更点としては、日本語対応させ、フォントを装甲明朝と限界明朝にし、表示を手直ししただけです。

 ていうことで今回はこれだけです。YouTubeに動画が上がってるので見てってください。

GTX1650,GTX1080Tiのオーバークロックとマイニング

最新情報はこちらになります。





 私は先日マイニングでたまったお金でGTX1650を買いました。買ったのは下にあるMSI GeForce GTX1650 D6 AERO ITX OCV2というモデルです。


 軽くこのモデルのレビューをしておくと、シングルファンモデルで排熱に不安がありましたが、発熱が少なくウチの環境ではGPU温度が65°Cで安定していました。

 そんなこのグラボですが、マイニングするにあたりOC(オーバークロック)をします。

 理由としては、市販されている状態より性能を上げてハッシュレートを上げるためです。
 マイニングはハッシュ関数を解く回数に応じて報酬が支払われるため、一秒間にハッシュ関数を置く回数(ハッシュレート)が多い方がマイニング効率が高いということになります。
 ハッシュレートは主にグラボのMemory Clockに依存します。そのため今回はそこを中心にOCしていきます。

選手紹介
 今回は先ほど紹介した1650のほかに二年前ぐらいに買った1080Tiでも測定をしました。詳しくは↓のリンクの二つのグラボを使用しました。


 まず、それぞれの初期設定を見ていきます。
スクリーンショット 2021-04-30 145117
スクリーンショット 2021-04-30 145134

 それぞれの初期設定をMSIのAFTERBURNERで計測した結果になります。今回はCPU,RAMのクロックを変更しているので
1650
  • 1786MHz
  • 5750MHz
1080Ti
  • 1949MHz
  • 5005MHz
という数字が大事になってきます。

 そして、これを限界までOCした設定画面がこのようになります。
スクリーンショット 2021-04-30 145030
スクリーンショット 2021-04-30 145050

1650のCPUで+100MHz、RAMで+1000MHzのOC
1080TiのCPUで+80MHz、RAMで+500MHzのOCができました。
 逆にこれ以上OCをすると動作が不安定になりました。この周波数は、マイニングを回しながら設定していって動作が安定するところを探しているため、固体や環境によって変わるため参考程度にしてください。

 さて、OCで額面上性能が上がりましたが実際のハッシュレートはどのように変化したでしょうか。
スクリーンショット 2021-04-30 152534
スクリーンショット 2021-04-30 151758

 今回はNiceHash Minerで測定を行いました。上がOC前、下がOC後です。
 この結果、約5%~10%ほどハッシュレートが上がることが分かりました。上がった分としてはわずかな差ですが、月に0.2BTCほど、年で2.4BTCほど変わると思えば結構大きい気がします。

 また、自分は設定でファンを常に100%で回しています。このおかげでマイニング中でもグラボの温度が60°C前後で推移しており、100%の負荷をかけている割に低温に抑えることができています。
 もちろんOCとかマイニングとかは自己責任でお楽しみください~

YouTubeにも上げました。

chiaのマイニング効率とは?

2021/05/14追記 取引開始したので下の記事にて実際の効率を紹介しています。



 chiaのマイニング効率を求める式は、公式FAQ(https://github.com/Chia-Network/chia-blockchain/wiki/FAQ)にあります。

 そこでは↓のような説明がされています。
スクリーンショット 2021-04-28 223058

 簡単に言うと、↓の画像の赤線の部分が200PBだったときに10TBのHDDを使ってマイニングをすると一日0.46TXCH掘れるということです。(これがどのくらいの値段(BTC?)になるのかは5/3に取引開始しないとわかりません。)
スクリーンショット 2021-04-28 223636

 ただ、この量は単純に "[自分の割り当てている容量]/[全体の容量]" で決まるため全体で480PBほどある4/28現在10TBで掘れる量は0.2XCHとなります。



 また前回のブログ(https://www.chisatofu.com/archives/26985667.html)で紹介した構成での掘れる量も記載しておきます。

構成① M.2でRAID

 この構成は書き込み速度が速い代わりに、最大のM.2の枚数を載せても8TBしかありません。そのため、この式を元に計算すると0.15XCH/dayほどしか出ません。

構成② HDDでRAID

 この構成では8TB×4で32TBの容量を使えます。そのため、日間0.6XCHほどの掘ることができます。

 もちろんこれ以上の容量を確保すればマイニング効率は上がりますが、そうするにはその分コストもかかるのでそこと相談になります。

 ちなみに私が割高なWD Redを押しているかというと元々サーバーやNAS,RAID,データセンターなどで使用されることを想定されているので24時間365日稼働させたときの信頼性が高いからです。

 この記事が皆様のマインイングの支えになればと思います。
 次回は取引が開始したら日本円でいくらくらい儲かるか計算していこうと思っています。



2021/04/29追記
動画にしました


前回(https://www.chisatofu.com/archives/26985667.html)

ドスパラに中古グラボが大放出された件(2021/04/27)

 近年、マイニング需要の高まりにより中古グラボはどこにも売っていませんでした。
 ドスパラやパソコン工房の中古サイトはもちろん、実店舗に行っても中古グラボの棚は空でした。今日の午前中にサイトを回った時点ではどこのサイトにもまともなグラボがなかったのですが、今晩確認したところドスパラ中古サイト(https://www.dospara.co.jp/5shopping/search.php?bg=1&br=31&cate=bg1&sale_end=1&sort=price+desc%2Csortno%2Cscore)に大量のグラボが出品されていました。

 内訳としては値段が高い方から
  • RTX2070 2枚
  • GTX1080Ti
  • RTX2060 SUPER 2枚
  • RTX2060 2枚
  • GTX1080
  • GTX1660 SUPER
  • GTX1070Ti 3枚
  • RX590
  • RX570 4枚
  • RX580
  • GTX1070 3枚
  • GTX1060 2枚
  • GTX1650
  • GTX1060 4枚
  • GTX1050Ti 2枚
  • RX560 5枚
  • GTX1050 3枚
  • HD7950
  • GTX950
  • GTX750Ti
です。全部ECデジタルライフ店なのもあり、どこかのマイナーが大量に売ったとしか考えられない品揃えと量です。一部は定価より高そうな割高のものが多いですが、まともに新品のグラボが売ってない今、結構いい品揃えだと思います。
 これは2021/04/27 22:00現在の在庫なのでも売んなくなってたら申し訳ありません。
以下サイトの様子

スクリーンショット 2021-04-27 222733
スクリーンショット 2021-04-27 222748

無料のAI音声生成サービスCoeFont STUDIOを使ってみた話

今回はYellston(https://www.yellston.com/)さんが発表したCoeFont(https://coefont.studio)の使い方の紹介です。

 まず、サイト(https://coefont.studio)に行くとカッコいいトップページが表示されます。初めて使う人はこのページから新規登録します。
スクリーンショット 2021-04-23 213218


 登録が終わるとすぐに音声を生成できるページに飛びます。
 使い方は簡単で、左の欄に呼んでほしい文字を入れ"テキスト編集"を押すだけです。
スクリーンショット 2021-04-23 213805
 
 そうするとすぐに生成された音声が表示され、視聴やダウンロードができるようになります。
スクリーンショット 2021-04-23 214407

 また、生成された音声の読み方を変えたい場合やイントネーションを変えたい場合はその部分を選択するとポップアップが開き、直感的に変更することが可能です。

 このようなシンプルで簡単な音声生成が無料でできます。使用例を↓に載せているので皆さんも使ってみてください。
Voiced by https://CoeFont.studio


Processingで昔のパソコンみたいな画面を作る

 前回(http://blog.livedoor.jp/chisato_tofu/archives/26990604.html)の応用例として、昔のパソコンみたいな画面を作った話です。

 内容としては.txtファイル内の文字を順番に表示していくだけです。
 作ったのはこんな感じです。特に難しいことはしていないので下にコードだけ共有しておきます。しいて言えば今回"list"を使いましたが、今回の使い方では長さが決まっていない配列ぐらいの使い方しかしていません。

 コードはDropBox(https://www.dropbox.com/sh/kxa7ugqqsf1sk1r/AAAqzezBDWzq6RdSk-eL73e4a?dl=0)においてあるので使ってください。フォントだけ抜いてあるのでお好みのフォントで動かしてみてください。
 フォントの替え方はこちら(http://blog.livedoor.jp/chisato_tofu/archives/25772956.html)

Processingでテキストファイル(.txt)を読み込む方法

 今回はProcessing Javaモードで.txtファイルから文字データを読み込む方法です。

 今回主に使うのは"loadStrings()"です。
 この関数は書いたコードの.pdeと同じファイル内にある"data"の中に入っているファイルから、一行ごとに書いてある文字を読み取ってくれます。

①使いたい.txtファイルの準備
 メモ帳などを使って適当に作成してください。
スクリーンショット 2021-04-21 113129

②.txtファイルをProcessingのIDEにドラッグアンドドロップ
 この時.pdeと同じ階層に"data"というファイルができ、その中に先ほど作ったファイルが入っているか確認してください。なくても自分で"data"というファイルを作成し、その中に.txtを入れることで動作するようです。
スクリーンショット 2021-04-21 113704

③プログラムを書く
 これを動かすための最小構成は下の通りです。
  1. void draw() {
  2.   String[] lines = loadStrings("sample.txt");
  3.   for (int i = 0; i < lines.length; i++) {
  4.     println(lines[i]);
  5.   }
  6. }
 2行目で"sample.txt"からデータを"lines[]"に格納し、行目で表示しています。

④実行する
 実行すると下のようにコンソールに.txtファイルの内容が表示されます。
スクリーンショット 2021-04-21 114535



 また、これを応用すると下のようなものが作れます。これの作り方及びコードはこの記事(http://blog.livedoor.jp/chisato_tofu/archives/26990736.html)で紹介しています。

chiaでSSDやHDDを使ってマイニングをする方法

2021/05/14追記 取引開始したので下の記事にて実際の効率を紹介しています。



 今日(2021/04/20)、Twitterでバズっていてchiaの存在を知りました。これは新しい仮想通貨で、2021/2/9にでき、2021/3/19にマイニングが始まり、2021/5/3から取引が始まる仮想通貨と、記事作成時点では取引が始まっていない通貨になっています。
 また、現時点で謎が多いので間違っていることを言っていたらごめんなさい。

 この通貨の特徴としてSSDやHDDでマイニングできるという点が挙げられます。
 マイニング効率の計算の記事を書きました!(2021/4/28)
 (https://www.chisatofu.com/archives/27067481.html)



 早速マイニングを始める方法ですが、公式サイト(https://www.chia.net/)に行き、紺色の部分の一番下にある"Download 1.0.5 for Windows or MacOS."の使っている方をクリックするとインストーラがダウンロードできます。
 インストーラがダウンロードできたら実行します。この後、管理者権限が要求されたりファイアウォールの通知が来たりしますが全部許可してください。インストールが始まると↓のようなウィンドウが出てきます。
スクリーンショット 2021-04-20 194728

 インストールが終わると↓の画面が出てくるので、一番上のボタンを押します。この画面から右上の言語設定で日本語にできます。
スクリーンショット 2021-04-20 194805

  しばらく待つと↓のような画面になるので"次へ"を押します。
スクリーンショット 2021-04-20 194820

 そうしたら↓のような画面が出てくるので保存しておきます。

Inkedスクリーンショット 2021-04-20 201141_LI

 "次へ"をクリックすると↓のような画面になり、やっとマイナーの画面が出てきます。
スクリーンショット 2021-04-20 201518

 そうしたら使いたいドライブに適当なファイル(今回は"chia")を作り、これを"畑"->"耕地ディレクトリを追加"->"耕地ディレクトリを追加"で選択します。
スクリーンショット 2021-04-20 223330

 そうしたら"畑"->"耕地を追加"を押し、↓のように設定します。(これがデフォルトです。)
 この画面ですが、上から
  • 一時ファイル容量(最終ディレクトリ容量)
  • 同時に実行するマイニングの数?
  • 一時ファイルのディレクトリ
  • 最終ディレクトリ
になっていると思います。間違っていたらごめんなさい。また、一番上で設定した容量を下二つが満たしていないとダメなんだと思います。
スクリーンショット 2021-04-20 223406

 これを設定し始めると↓のように耕地が耕されていきます。
スクリーンショット 2021-04-20 224503

 また、"フルノード"->"ノードの状態"->"状態"の同期中の横の数字の割合がだんだん増えていきます。
 ?にカーソルを合わせるとブロックチェーンの先端までのノードの数らしく、これを"ダウンロードしているとき"="同期中"ということだったのでダウンロードが終わるまでマイニングが始まらないと思っていたのですが、普通に%がたまっていっているので謎です。
スクリーンショット 2021-04-20 220143


 そんなこんなでマイニングの設定はこれで終わりです。
 今回の記事はここでおしまいになりますが、マイニングはPCに負荷をかけて行うのであくまで自己責任でお願いします。またマイニングには税金もかかるので、それにも気を付けてください。


2021/4/24追記
 このマイニングは、SSDやHDDのストレージ容量と書き込み速度が重要なので、RAIDを組めば効率が上がるはずです。自分はやったことないですが、やるなら↓の機材などを使ってM.2のRAIDやHDDのRAIDを作ってみるといいかもしれません。(だいぶお金はかかりますけど...)

 この二つの組み合わせでRAIDが組めます。最も効率がいい構成のはずです。

 この二つの組み合わせでもRAIDが組め、HDDのRAIDとなるので、企業などのサーバーなどで使われている構成と同じようなものになります。

 おそらくChiaのマイニングセンターなどでも、同様に大量のHDDやSSDをRAIDやAHCIにして運用しているはずです。



2021/4/21追記
 YouTubeにも投稿しました。

Arduino+MPU6050で複数のジャイロを使う

 Arduinoで複数のMPU6050を同時に使う方法です。

 今回はMPU6050のAD0をいじることでアドレスが変わることを利用しています。(デフォルトではプルダウンされています。)
 ちなみに今回はAmazonで売っている


を使用しました。
blog_ブレッドボード
 まず、このように配線します。VCC,GND,SDA,SCLをそれぞれ共通の5V,GND,A4,A5に接続し、AD0を別々のOUTPUTに接続します。

 そしてそれぞれのMPU6050のAD0をArduinoで操作することで、能動的にMPU6050のアドレスを変えて指定したMPU6050だけを使うことができます。

 今回使用したコードは↓に置いておきます。このコードではx,y軸しかデータを取っていませんが、2*4個分のデータが表示されると思います。あと、センサー4個分のコードを並べてあるので繰り返し処理にすればだいぶ短くなると思いますし、たぶんいろいろ無駄があるのでそこのところはうまく調節してください。
https://www.dropbox.com/sh/htxasukcpnzrqnb/AACz8B6PDYKe3xmNy4uVLqRma?dl=0
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード